貧乏パパちゃんのクレカライフ

クレカを活用して人生をちょっとでも豊かにしよう!

【SPG・マリオットリワード】 航空会社によって異なるポイント価値の具体的考察

みなさんこんにちわ!
今回はSPG・マリオットリワードの醍醐味といわれるマイル交換のお話です。
 

 

マイル交換する前に考えるべき2つのポイント

 ポイントをマイルに交換する際に考えるべきは、
①航空会社によって異なる換算レート
は、当然のこととして、
②航空会社によって異なる目的地までの必要マイル数
も忘れてはいけません。
そこで、今回は、具体的事例を基にしてそのポイント単価を明らかにしたいと思います。

 前提条件

2月に日本(NGO)からグアム(GUM)におとな二名でエコノミーでの特典旅行。

グアムにしたのは、独断と偏見ではありますが、日本人にとって身近なリゾート地が皆さんもイメージしやすいかなという思いもあります。

検証結果 ~ポイントの価値は1円強~

  ①現金購入 マイル利用 マイル単価(①-③/②) ポイント単価
②マイル ③他円貨
ANA 175,180 40,000 20,020 3.9 1.62
UA(セーバー特典) 145,780 60,000 8,020 2.3 1.02
UA円貨のANA 145,780 40,000 20,020 3.1 1.31

全日空はSPGで交換し1.25を乗する。1スターポイントを3マリオットポイント計算
UAはマイル単価にマリオットポイント換算レート「0.44642」を適用

 

考察

まずは、本当にここまで計算しないと真実のポイント単価が出ないものかと驚きました。最初に挙げた必要マイル数の違いのみならず、円貨払いの諸費用もずいぶん違うんですよね。しかし、相当不利と思えたUAもマリオットの交換レートが有利なので1円以上となりました。しかしUAはセーバー特典利用以外は控えたほうがいいかもしれません。

 

結論

  • 総じてポイントはホテルに使うよりも航空券で使うほうがお得
  • 就航している全ての交換可能航空会社を調べるべし

 なんか、基礎的なところを端折っているのもアレですが、今回は具体的考察ってことでご勘弁を。