貧乏パパちゃんのクレカライフ

クレカを活用して人生をちょっとでも豊かにしよう!

【SPG・マリオットリワード】 ホテルによって異なるポイント価値の具体的考察

スターウッドプリファードゲスト(SPG)とマリオットリワードのポイントを粛々と貯めている皆さんこんにちわ!


今日は、基本的な部分の再確認として、「ポイントの価値はいくら?」「ホテルによって価値は変わるのか?」という部分を考察していきたいと思います。

 

調査対象


具体的に調査を行ったのは下記のホテル。

 ホテルの選定理由としては「独断と偏見」としか言いようがありませんが(笑)、国内は「お仕事等でお使いになるだろう」とのイメージ、海外は「恋人や家族と旅行」をイメージして計算しております。

 前提条件

 

調査日 2018年5月18日

大人2人 前日までキャンセル可能

調査方法

国内 →2018年7月の最高価格と最低価格を足して2で除す

グアム→2019年2月における5連泊で算出された平均値
    為替については通貨換算ツール使用

 

調査結果

ホテル 円貨 ポイント 円/ポイント
名古屋M 29,227 30,000 0.97
CY新大阪 22,473 35,000 0.64
リッツ大阪 45,050 50,000 0.90
Wグアム 31,394 38,400 0.82
Sグアム 27,437 24,000 1.14

 

 考察

一人で泊まるなら断然現金払い

これはそのままの意味です。当たり前っちゃ~当たり前か。1名での宿泊でも費消されるポイントは同じですので。

市場価格と連動しない特典宿泊は毎回ポイント価値を確認するべし

ホテルの宿泊価格は季節や平日・週末など様々な影響で決められています。更に、予約状況(空室状況)によりこれまたどんどん変わっていきます。そのため、「今回はポイントを使うか否か」を予約毎に判断しないといけません。


執着すれば価格は下がるので、更にポイントの価値も下がる

現金宿泊の際、ベストレート保証(BRG)の活用を前提に丹念に調べ上げチャレンジしていくと、それなりの確率でお得に泊まれます。それは、当然ながらポイント価値の下落にも繋がるわけで。。

 

宿泊時の為替をも考える

これは海外で宿泊する際の考え方です。
円安の際、外貨建の宿泊費は当然為替の影響を受けて円貨では高くなります。しかし、ポイントは為替の影響を受けません。どうも、ホテルにおけるクレジットカード決済のタイミングは「予約時点」ではなく「宿泊時点」ですので、その際の為替レートも考慮しなければならない・・・がさすがにキビシイかな(;'∀')

 

個人的結論

だいたい1円弱の価値があるとわかったものの、様々な条件で価値はどんどん変動していきます。よって、私は家族旅行用として割り切ろうと思います。
なぜなら「単身利用はもったいない」というのははっきりしていますからね。日ごろの仕事での利用は、どうしても単身使用とならざるを得ません。

家族旅行と割り切れば、あと検討すべきなのは「マイル交換」と「トラベルパッケージ」かあ・・・